font選びの落とし穴

ありがちなミス


web漫画のセリフ写植。

パソコン付属のフォント使おうと思ってませんか?
MS明朝とか、MSゴシックとか、便利ですよね。

無料で漫画を公開する分は分かりませんが、
少なくとも、ダウンロード販売をしたり、同人誌を出したりするとなると、これはちょっと危ないです。

パソコンに入ってるフォント、たいていのものは、
個人利用はOKということでPCに入っているわけですが。

商用利用すると使用料を取られる可能性があります。

また、「個人利用」に「非営利個人サイトでの利用」が含まれて居ない可能性も。




たとえば


例えば「MS 明朝」「MS P 明朝」「MS ゴシック」「MS P ゴシック」。
このフォントの権利はRICOH(リコー)にあります。
しかし、RICOHの商用使用許諾を見ると、

「既にご購入頂いたPC用フォントを、商用でご利用される際には、別途、追加使用許諾契約が必要になります。」

とあります。
つまり、非営利個人サイトで使う分には問題なさそうですが(あくまで私の解釈ですから責任もてません)、
商用で使う場合、追加契約を結ばねばなりません
また、RICHOさんは、自分の漫画サイトでアフィリエイトをする場合も、「商用利用」に含むようですね。

なので、自分で書籍化する予定のある人ダウンロード販売予定のある人は特に、
各フォントのライセンス(利用規約)をちゃんと見てから使いましょう。
(出版社とかに書籍化してもらう分には、出版社がなんとかするのでは…?)

無料個人サイトでweb漫画を公開する人も、 OKな「個人利用」に「無料個人サイトでの使用」が含まれているか確認してください

ちゃんと、有料書籍の印刷や有料データにつき無料で使用可能と書かれていますか?
「個人利用可」の「個人利用」に、個人サイトでの使用も含まれていますか?




じゃあどうすれば?


手書き最強!


そりゃあ手書きが最強です。
誰に気を使うこともありません。
でも綺麗に書かないと、作品が読めない!なんてことも。




商用利用可能なフォントを使う


有料書籍の印刷や、個人サイトの展示物等に、無料で使用可能なフォントを使いましょう。
日本語は文字数が多いので、無料フォントの種類自体少なめですが、無いわけではないので探しましょう。

※参考サイト※

ふい字    あんず文字

漫画フォントの作り方(タマキツッコムさんのアーカイブ)
漫画フォントの作り方(有志の方の保存版)

フリーダウンロード「フォント910」さんの『コミックW4-IPA』フォント(これが便利かも。)

⇒ ブログ内記事:商用利用可能なフリーフォント一覧