web漫画描き手News

web漫画サイト管理人のための情報サイト。描き方から、サイトの盛り上げ方まで検討していきます。

web漫画で稼ごう
web漫画で小金を稼ごう

マンガ★ゲット(携帯サイト)で配信する


ノーバナー

【特徴】
読むだけなら無料(パケット代はかかります)
広告料として、毎月の収益の2割を、漫画を公開している作者に分配

無料の漫画投稿ができる、携帯SNSサイト。

広告料の分配方式はポイント(EP)制で、
読まれた回数やファン登録によってポイントが付与される形になっています。

新着・三種類のランキング・イチオシ作品が主な読者到達経路のようです。
なので、長編作品をどんどんアップできる更新力がある人に向いているかもしれません。

1000円以下は切り捨てなので、初期は収益につながりにくく、
あくまでも小遣い稼ぎと考えたほうがよさそうです。





Eエブリスタ(携帯サイト)でエッジスタになる


ノーバナー

【特徴】
読むだけなら無料(パケット代はかかります)
★「エッジスタ」には収益あり。

無料の漫画投稿ができる、携帯SNSサイト。

エッジスタ認定されると、収益が得られるようです。
しかし、認定されるまでは漫画投稿しても報酬はないようです。




サイトにアフィリエイトを導入する


アフィリエイトとは、サイトに広告リンクを貼り、閲覧者がそのリンク経由で会員登録したり商品を購入した場合に、広告を貼ったサイト主に報酬を支払うという広告手法のこと。
相当人気サイトでないと、ほとんど稼げません。

導入する場合は、
閲覧者は広告を見に来てる訳ではない
ということを念頭に置いておいてください。
そっとサーチボックスを片隅に置いておくくらいにとどめるのがいいかもしれません。

以下、有名どころの概要だけ。
アフィ関係サイトは山ほどあるので、詳しくは検索して調べてください。

利用サービス形式一言
Google Adsense
(グーグルアドセンス)
クリック報酬型 クリック数や広告内容に応じて報酬がもらえる。
規約が厳しく、クリックを煽ってはいけなかったり、紛らわしい張り方を禁止していたり、同じページに貼れる同種の広告が3つまでだったりする。
Amazon
アソシエイトプログラム
成功報酬型 商品が売れると、商品に応じて紹介報酬がもらえる。
クリックしてから商品販売までの期間が24時間と短い。 紹介料はだいたい3%くらいと、割合としては高め。ただし、1商品につき1000円まで。
楽天
アフィリエイト

成功報酬型 商品が売れると、商品に応じて紹介報酬がもらえる。
クリックしてから商品販売までの期間が30日間と長い。
紹介料は、だいたい1%くらいと低め。ただし、紹介料が高いものもある。
報酬は楽天ポイントでもらえる。
A8.net経由で契約すると、現金で報酬がもらえる。


web漫画サイト書籍化・電子販売への道

出版社の目にとまるようにする

出版社系のサーチ・投稿サイトに登録する

こちらからアピール。
サーチ名一言

アルファポリス
―電網浮遊都市―
「株式会社 アルファポリス」運営のサーチサイト。
条件がそろったら書籍化申請してみよう。
ちなみに、ここで書籍化されると、web上の作品は撤去されるようです。
マンガごっちゃ 漫画やイラストの無料投稿が可能なコミュニティサイトさん。出版社(マイクロマガジン社)が運営。




個人で販売する

既にサイトに人気があるなら、番外編や画質アップ版を売ると売れるかもしれません。

ストリーミング販売

「販売サイト上で漫画を見る権利(期限付き)」を売る方法。
モバイルの絵文字素材サイト等でよくやっている方法です。
月額制が多かったりしますね。
★漫画onWEB

ストリーミング形式の販売。
購入した作品は、作品ごとに決められた閲覧期間中に何度でも閲覧ができる。

★mixpaper(ミックスペーパー)の販売機能mixstore(ミクストア)

販売方法についてはmixPaper電子書籍販売ガイドに。
購入方法はmixPaper電子書籍購入ガイド


ダウンロード販売

漫画データをそのまま売る方法。
買い手としては、ページ数が少ない場合はこちらのほうがありがたいです。
★サーファーズパラダイス

ファイルをそのままDLさせるタイプ。

他の販売サイトレビューも詳しく見る



販売方法

方法1:わさび付・番外編販売
(本編をサイトで無料公開 + 有料でわさびつき本編や番外編を販売。)

方法2:先行公開型販売
(本編をサイトで無料公開 + 未公開分を1話ずつ先行販売)

方法3:高画質版を販売
(漫画をサイトで無料公開 + 縮小前の高画質版を販売)


方法4:別のバージョンを販売
(WEB公開版をサイトで無料公開 + 書き直しバージョンを販売)


方法5:本編の途中から有料化
(序盤をサイトで無料公開 + 続きを有料化)

方法1~4までは有料分を買わなくても楽しめるので、電子販売によってファンの心が離れにくいです。
しかし、
方法2[先行販売]は、買わなくてもいつか読めるので購入意欲が低くなる
方法3[高画質版]は、買わなくても読めるので、熱心なファンを要する
方法4[別バージョン販売]は、製作者の手間がかかりすぎる
というデメリットもあります。

方法5[続き有料販売]は、不意打ちになると反感を買うおそれがあるので、有料化のタイミングが難しいというデメリットがあります。
一方で、読者の心をつかむべく有料化のタイミングを上手く調整するか(新章から販売)、金を費やすことを厭わない熱心なファンを増産(漫画力で勝負)すれば、他のどの方法よりも販売力が見込めそうです。

今のところ販売方法として効率がよくお手軽なのは、方法1[わさび付・番外編販売]かもしれません。

電子書籍販売サイトのレビュー

電子書籍販売先の比較

※紹介するサイト・企業の信用性は保証しません。販売するか否かは自己責任で。

販売先を見極めるコツ


※初期費用が必要なサイトには注意
 初期費用を取るまでが目的となってしまい、
 初期費用を取った後の宣伝・対応が雑になる可能性もあるので注意。




電子書籍販売先



サイト名DL方式登録手数料

サーファーズパラダイス
そのままDL??
【最低出品価格】
不明。
【販売手数料】
不明。
ファイルをそのままDLさせるタイプ。

サイト名DL方式登録手数料

DLsite.com
プロテクトもつけられる。なし
【最低出品価格】
100円(無料出品不可)。
【販売手数料】
販売価格が安いほど販売手数料が高い。4000円以上は、卸価格の30%。
ファイルをそのままDLさせるタイプだが、プロテクトを付けるサービスもあり。
プロテクト付だと、ダウンロードしたPC以外での閲覧になったりする(詳しくは規約参照)。
同人コミック・ゲームに特化していて、サムネ次第では新規購入者の獲得も見込めるらしいです。

サイト名DL方式登録手数料

ベクター
そのままDL登録だけなら無料っぽい。
【最低出品価格】
500円から。(?)
【販売手数料】
手数料は一律15%+別途手数料100円(105円)。
「シェアレジ」コース(個人作者様向けのサービス)の場合について。
登録した作品が有料DLになるまでに1,2週間ほど間がある
体験版など無料出品可能(寄付制にも対応)。
手数料の安さはダントツ。

認証サービスは、法人向け「プロレジ」コースのみ対応なので、個人では選べない。
サイト内で広告することが可能。色々なジャンルの作品が登録されている。

サイト名DL方式登録手数料

Circle.ms(emescatalog?)
そのままDLなし
【最低出品価格】
不明。
【販売手数料】
不明。
サークル同人活動の支援を目的としたサイト。
無料販売も可能。手数料については不明。
売り上げ3000円以上で支払い、残りは繰越。

サイト名DL方式登録手数料

パブー
そのままDLなし
【最低出品価格】
無料公開も可能。
【販売手数料】
販売価格の30%が手数料。
ブクログ主催。
オンラインで読む、またはepubとpdfでダウンロード。
解像度は最大1024*724。認証方式はないらしい?

試し読みページが設定できる。
販売価格の変更がすぐにできるので、期間限定セールができる。
1pごとに画像をアップしないといけないのが手間。
(機械的に大量アップされるのを防ぐためと思われる。)

タグ・コメント・検索関係が使いづらいため、大量の作品の海に埋れがち。
絵本関連が、少々充実している。
オンラインで読むだけならpixivと似ているが、
客層とDLと有料化できるとこが大きな違いと思われる。

⇒ 詳細はこちら




その他


本記事の内容は、DL販売に関して詳しくない管理人が規約を読んだり、情報を提供していただいたりして作成しました。
何度も言いますが、信用性は保証できませんので、各サイトのご利用は自己責任でお願いします。

アダルト色の強い販売サイトを利用したい方は、
「同人 DL販売サイト 比較」といったワードで検索して、各自で調べて下さい。
オンライン認証方式を使っている、販売側としては嬉しいサイトもあるらしいです。

インディーズコミックは、販売主としての登録方法が見つからなかったのでレビューを削除しました。

【管理人が自力で確認できなかった点】
・ベクターの最低販売価格(500円?)


参加中ランキング
ComicRoomに投票
記事検索
カウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ
pagetop