web漫画描き手News

web漫画サイト管理人のための情報サイト。描き方から、サイトの盛り上げ方まで検討していきます。

サイト作り
web漫画サイト作り:画像クリックで次に進めるようにしよう!

漫画画像クリックで進めるようにしよう


web漫画を読むときに、一番気になるのが、


「次のページ」へ進むリンクボタンの大きさ。


とりあえず、こちらの具体例ページをどうぞ。

(「F11」を押すと読みやすくなります。もう一回「F11」を押すと元に戻ります。)
具体例1    具体例2

どちらが見やすかったですか?

具体例①の、画像クリックで進むタイプだと思います。


特に長編の場合は、次へボタンが小さいとイライラMaxになることは必至。

漫画ページで一番大きいのは、漫画画像ですから、
画像クリックで次へ進めるようにしましょう。


【結論】
漫画画像クリックで次へ進めるようにしよう。





コミックスクリプトについて


事例①のように、htmlで作ったページは、画像リンクを貼るのは簡単ですね。

問題はかの有名なコミックスクリプト
これの改造が苦手な方が多いようです。

しかし、改造の仕方を書いてくださっているページがあるので、
こちらをご参照下さい。




間違っても、具体例3みたいな感じで、
漫画画像クリックで次のページへ進めないばかりか、
スクロールしたら次へボタンに届かない仕組みにしないようにしてください。


具体例3




web漫画サイト作り:あらすじや台詞をサイトに書こう!

SEO対策しよう


web漫画サイトさんの対応が甘いな~と思ったのが、

SEO対策。

私はweb漫画を結構前から読んでるんですが、
移転に気付かなかったり、壊れた前のPCのブクマに入れたままだったりして、
行方が分からなくなったまま、
あらすじを覚えてるけど題名を忘れたweb漫画とかあるんです。

そういう時って、仕方なくGoogleとかで検索するんですけど、
意外とみつからない。

web漫画サイトさんって、ウェブコミック画像作るのでせいいっぱいで、
文章であらすじとか書いてくれないところ多い
んですよね。

そうすると、うろ覚えのあらすじやキーワードで検索しても、
検索にひっかからないわけです。


なので、一応私がweb漫画レビューをするときには、
うろ覚えの人が検索したときにひっかかるように、
一言概要に付け加えて、作品概要もある程度書いています。
4コマ・短編・ギャグだと、ネタバレ防止に省いているときもありますが。


というわけで、


是非web漫画サイトさんは、あらすじを文章で書いてみてください


あなたの漫画を探している人が、結構いるかも?

参加中ランキング
ComicRoomに投票
記事検索
カウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ
pagetop