サイトを作ったら動作確認しよう


ウェブサイトは、見るブラウザによって表示が変わります

サイトを作ったら、サイトが崩れていないか、各ブラウザで動作確認しましょう。

【インターネットを見るための有名ブラウザ一覧】
ブラウザ名動作一言
InternetExplorer
(通称:IE)
遅め windowsのパソコンを買うとデフォルトで付属している、最大シェアのブラウザ
クセが強く、IEだけ表示が違ったりすることがよくある。ウェブサイト製作者を悩ませている存在。

特にIE6以下は、セキュリティが弱かったり、png画像の透過に非対応で、透過部分が黒く表示されるなど、悩ましい点が多数。
大手動画サイト「Youtube」も、IE6以下への対応を止めたらしいので、IE7以上で確認すれば問題ないと思われる。
firefox
(通称:火狐)
普通 mozilla社の提供するブラウザ。
アドオンによるカスタマイズができるので人気。
「IE Tab」アドオンでIEでの表示確認も簡単にできる。
GoogleChrome
(グーグルクロム)
速い 大手検索サイトGoogleが提供するブラウザ。
とにかく読み込みが速いのが売り。
どのサイトを見たかの履歴がGoogleに送られてしまうので、その点だけは注意。
Opera
(オペラ)
普通 タブブラウザ。
Netscape
(ネットスケープ)
普通 タブブラウザ。
スマートフォン
(通称:スマホ)
普通 携帯電話・PHSと携帯情報端末(PDA)を融合した携帯端末。タッチパネルで操作ができる。
アップル製のiPhoneや、HTC製のDesire、サムスン製のGalaxyなど。


持ってない人で、スマホ用にページを用意するなら、こちらで確認をどうぞ。
⇒ iPhon4 simulator
  (矢印ボタンをクリックしながらスライドして下さい)
  (非公式サイトなので、ご利用は自己責任で)
iPad
(アイパッド)
普通 アップルによって開発及び販売されているタブレット型コンピュータ。

持ってない人で、スマホ用にページを用意するなら、こちらで確認をどうぞ。
⇒ アイパッドで動作確認できるサイト
  (非公式サイトなので、ご利用は自己責任で)


全てのブラウザで確認しなくても、多分IE7以上、firefox3以上で動作確認すれば十分だと思います。